所得証明書不要 カードローン

所得証明書不要のカードローン会社はどこ?

所得証明書 不要 カードローン

2010年の貸金法の改正により、総量規制というものが導入されました。これは収入の3分の1以上はキャッシング借り入れが出来ないというものです。この総量規制の対象外なのが、銀行系カードローンです。しかもカードローンによっては200万まで所得証明書が不要という会社もあります。

 

どういったときにそれが適用されるのでしょうか?
また主婦や非正規労働者など安定した収入がない人はどうなのでしょうか?
その辺を所得証明書が不要な場合なども含めてみていきたいと思います。

 

最近では消費者金融も変わり、銀行をバックボーンにつけた消費者金融が増えております。消費者金融による融資は総量規制の対象となってしまうため収入の3分の1までしか借りることが出来ず、しかも50万以上融資を申し込んだ場合は所得証明書が必要となってきます。
所得証明書不要・所得証明がいらないカードローン特集

 

なぜ銀行系カードローンとの温度差があるのでしょうか?そこも見ていきたいと思います。
銀行系カードローンはいろいろあります。主なカードローンの場合、収入所得証明書は100万までなら原則不要です。どうしてこのようなことが可能になったのでしょうか?

 

また収入の少ないパート勤務の方などの場合はどうなのでしょうか?
所得証明が不要になるにはどのような条件があるのでしょうか?といった点も併せてみていきたいと思います。

 

このように、今は銀行系カードローンがどんどん勢力を伸ばしています。CMなどでもすっかりおなじみになってきましたが、銀行系カードローンは新規顧客開拓のためにいろいろな施策をうっているのです。

 

銀行系カードローン会社によっては高額融資が受けられる会社もありしかも審査は即日または最短30分で終了、申し込みはインターネットでも全て完結できるというところが最大の魅力ではないでしょうか?返済もコンビニエンスストアのATMなどから24時間いつでも気軽に出来るようになりました。便利な時代になったものです。そんな便利な銀行系カードローンについていろいろとみていきたいと思います。

借りすぎには注意しよう

最後に、銀行系カードローンでも消費者金融でも借りすぎにはくれぐれも注意しましょう。特に銀行系カードローンは低金利で高額貸付可能な商品がほとんどです。限度額いっぱいまで借りた結果、返済だらけでどうしようもなくなった、などという話も聞いたりします。

 

また消費者金融を限度いっぱいまで借りた結果、返済できなくなり督促が矢のように来て困った、なんて話も。何事もバランスが大事です。自分に無理な金額の借り入れは避けましょう。無利息期間のあるレイクなんかは助かりますね。

 

リボルビングで一定額返済できるからいいと思って借りても、利子ばかり払っていて元本に追いつかないケースが多々あるのです。そして気づいたらカード破産に追い込まれていた、なんてことになったら社会的信用も落ちますし、次の借り入れが出来るようになるまで相当な年数がかかるのです。これでは、急なお金が入用になったときに困ってしまいますよね。

 

同じように、債務整理をして仮に元本だけの返済だけでいいということになっても、新たな借り入れは一切出来なくなります。全部返し終わっても信用情報機関にはこういった破産や、債務整理は事故歴として残るのです。

 

たとえ返済が全て終わっても、事故歴は残りますので信用度は落ちるでしょう。貸付を断られるケースも少なくないのです。特に大口の借り入れ申し込み時には気をつけたほうがいいでしょう。

 

収支バランスを考え、借りすぎのないように賢く使いましょう。それと、返済日はきちんと守りましょう。これは借り手側としては当たり前のことです。借りすぎに注意して、きちんと返済スケジュールを立てることが重要なのです。

更新履歴