総量規制の対象となっている

総量規制の対象となっている

総量規制の対象となっている

以上、大手3社の例を挙げてみましたが、消費者金融に共通しているのは総量規制の対象だということです。総量規制のことは前に触れましたが、総収入の3分の1を超える借り入れは出来ません。これは審査時に消費者金融は信用情報機関をみてチェックしています。そして借入限度額が決まっていくのです。銀行系カードローンのようにいくらでも借り入れが出来るわけではないので気をつけましょう。また金利も高めの設定をしている会社がほとんどですので、元本に追いつかないで利子だけ返済している方も多くいらっしゃるようです。それは避けたいですね。必ず他社からいくら借りているかを記入する欄が消費者金融の申込ページにはあります。これは総量規制のチェックをするためのひとつのポイントとして、自己申告させているのです。これに偽りがあったりすると、借りられない場合が出てきます。また、何社からも借り入れを行っていると、うちではお貸しできませんといった内容のメールが来ることがあります。これが総量規制に引っかかっている証拠なのです。ですから、あちこち何社にも手を出さずに的を絞って借りるのが大事なのです。消費者金融は便利な分、いろいろなデメリットもあることを理解した上で利用したほうがいいでしょう。例えば50万申し込んだのに総量規制で引っかかって20万しか借りられなかった、なんて例も実際にあるのです。そうならないためにも、きちんと収支バランスを考えて借りるようにしましょう。